地球散歩(English)

Greeting from Japan.
Let's walk the earth!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - |
    << watermelon | main | 米 >>

    西瓜(すいか)

    0
      JUGEMテーマ:エジプト
      بطيخة(バティーハ)

            

       一般家庭ですいかを出されると、たいてい小さく切ってある。しかし外で食べるときは、皮付きで三角形。
       夏のビーチでは、エジプトでもすいか割りは定番。目隠しして、右だ!左だ!と野次が飛ぶ。一緒に応援すれば、もれなくありつくことが出来る。
       すいか畑は、砂漠の真ん中に突如現れる。♪すいかの名産地♪は、日本人がイメージするオアシス。砂漠の真ん中にぽつんとある水ならぬ、緑のうね。エジプト人によれば「すいかは水を飲まないから、何もないところが好きなのさ。お日様の光を内に秘めて、真っ赤で甘いすいかになるんだ」
       なるほど。すいかは肥料をやるとだめになってしまう植物。砂漠ほどすいかに適した土地もあるまい。
       古代エジプトでも食されていて、ツタンカーメンの墓からも副葬品として見つかっている。ツタンカーメンも、すいかで涼を取ったのだろう。
       エジプトのすいかは黒いしまは細くて薄い。その代わり、種はものすごく大きい。「ご」のつく虫と間違う人もいるぐらい大きい。
       日本ではすいかと言えば塩をつけるが、エジプトではヤギのしょっぱいチーズをつける。塩辛さが甘みを引き立てるというのは万国共通のようだ。
       写真は、オアシスにて散歩中。東屋で休んでいた農夫に「すいか食べないか?」と言われ、お邪魔したところ。[碧]
      Egypt | permalink | comments(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする